日本遺伝看護学会は遺伝看護サービスのありかたとその質的向上について考えています

日本遺伝看護学会 第11回学術大会

日本遺伝看護学会 第11回学術大会   


テーマ:個人・家族・社会とつながる遺伝看護

日程:2012年9月28日(金)・9月29日(土)

場所:清泉寮(山梨県) アクセスの詳細はこちら.pdf

会長:中込さと子 山梨大学大学院医学工学総合研究部成育看護学講座

参加者及び参集範囲及び人員:

日本遺伝看護学会会員、保健医療福祉関係者、特別な支援を必要とする人々を支えるグループ、市民


 日本遺伝看護学会第11回学術大会は、106名の参加者を迎え、無事終えることができました。

全体を通して、発表者の皆様が誠心誠意、メッセージを語ってくださったこと、この日の為に準備をしてきてくださったことがひしひしと伝わってきました。また参加者の皆様が、発表者の思いを真摯に受け止めてくださいました。このように参加者同士で快い交流と対話がなされた学会になったのは、ひとえに参加者皆様のおかげと実行委員一同、深く感謝しております。

 下記リンクからアンケートの記述を確認できますので、ご覧ください。

アンケート結果.pdf

なおパネルディスカッションとシンポジウムについては次号の学会誌で詳しくお伝えしたいと思います。

最後にこの学会開催にあたり、ご支援いただきました清泉寮、武川尚志様、齋藤薫様、ファイザー株式会社様に深くお礼申しあげます。

2012年10月3日

第11回大会 学術大会長 中込さと子

学術大会の写真

s-会場.jpgs-大会長挨拶.jpgシンポHP.jpg

  1. テーマ
  2. 日程表・プログラム
  3. 受付・参加登録
  4. モーニングセッション
  5. 理事会・総会
  6. 一般演題(口演)座長・発表者の方へ
  7. 会場でのお願い
  8. お食事
  9. 会場案内図および駐車場について
  10. 無料送迎車の増便(2日目)

 

 テーマ    個人・家族・社会とつながる遺伝看護

学会員の皆様 いかがお過ごしでしょうか。

第11回学術大会では、第10回大会のテーマの後を受けて、

看護が個人・家族・社会とどのようにつながるか、を考えようと思います。

看護師は<ある健康課題>を通じて、人と出会いケアを提供します。

また看護という仕事は、‘病気をもつその人’だけではなく、身近な人々にも

直接的に関わります。

さらに人は自分が属する社会・文化、家族を通じて背景的意味が与えられ、

大事に思うものを選び関心をもつ、という前提に立てば、看護をするうえで

個々の背景にある文化、社会を知ることが不可欠となります。

本学会では人々が遺伝をめぐる課題に対処していくのを手助けしようとする

営み、について以下の観点からディスカッションしたいと思います。

1)人々が健康と病気という体験の中で遺伝をどのようにとらえているのか。

2)遺伝的課題をもつ対象へのケアのPriorityは何か。

3)ケアが病気の経過にどのようによい影響を及ぼしうるか。

なお学術大会の会場として八ヶ岳を選びました。宿泊場所と同施設にし、

豊かな自然の中でゆったりとした時間で進めていきたいと思います。

どうぞ心身ともにリフレッシュの機会にしていただければと思います。 

【このページのトップへ戻る】


 

 日程表・プログラム

 第11回学術大会日程表.pdf

 第11回学術大会プログラム.pdf

 第11回学術大会プログラム正誤表.pdf
 日本遺伝看護学会誌11巻1号 の内容に誤記がありました。謹んで訂正いたします。
一般演題第3群、パネルディスカッション、夕食の時間を訂正のうえご確認ください

前 日927日(木) 17:00–  Welcome Drink ・ 交流会

第1日928日(金) 11:0021:00夕食を兼ねた懇親会を含みます。

9:0010:30 Morning session
前泊している方々と一緒にmorning sessionを予定しています。
テラスまたは黙想館(静かな素敵な場所です)で行う予定です。

10:30 受付開始

11:00 オリエンテーション・開会の挨拶

11:15 一般演題 第1群 5題(発表10分・質疑応答5分)

12:30 昼食

13:30 一般演題 第2群 4題(発表10分・質疑応答5分)

14:30 休憩

14:45 特別講演:いのちの尊厳- ひとりひとりの人格と向き合う-   

     甲府キリスト福音教会 牧師 松村 識先生

            詳細はこちら:いのちの尊厳.pdf

15:45 休憩

16:00 一般演題 第3群 6題(発表10分・質疑応答5分)

17:30 交流会・パネルディスカッション

      「遺伝サポートグループから看護への提案」

  詳細はこちら:パネルディスカッション.pdf

  パネリスト:

    表皮水疱症友の会(DebRA Japan)   宮本恵子

    日本ハンチントン病ネットワーク(JHDN) 加瀬利枝

    財団法人日本ダウン症協会(JDS)     水戸川真由美

    日本マルファン症候群協会         猪井佳子

    PKU親の会連絡協議会            藤原和子

19:30 夕食・懇親会

21:00 自由時間・交流会

第2日929日(土) 8:3012:00  

8:30  開場・総会

9:15 シンポジウム 

 テーマ:これからの遺伝看護の専門的役割について考える

シンポジスト

     宮崎大学医学部看護学科            野間口千香穂  

     東京都立神経病院/聖路加看護大学大学院    須坂 洋 子  

     独立行政法人国立病院機構 四国がんセンター  田所 かおり  

     東京医科歯科大学 生命倫理研究センター    小笹 由 香 

 詳細はこちら:シンポジウム.pdf

10:45 休憩

11:00 教育講演:性分化疾患をめぐる医療・社会の動向

 山梨大学大学院医学工学総合研究部 名誉教授 大山建司先生

 詳細はこちら:性分化疾患をめぐる医療・社会の動向.pdf

12:00 閉会挨拶

【このページのトップへ戻る】


受付・参加登録

 1.受付は新館ホール前にて行います。

 2.受付時間は、 9月28日(金)10:30– / 9月29日(土)8:30– 

 3.参加費は、次のとおりです。

   ◆学会員 5,000円

   ◆非学会員 7,000円

   ◆学  生 3,000円

・参加費は当日、お支払いください。

・1日目の昼食の予約の関係で事前申し込みをFAXまたはe-mailでお願いいたします。事前申込.pdf

・2日目の教育講演のみに参加される方には学会誌はご提供いたしません。

・参加費と引換えにネームカードをお渡しします。領収書はネームカードに付きます

・領収書は、ネームカードについております。

【このページのトップへ戻る】


 

モーニングセッション

 1.9月28日(金)9:30–11:00 黙想館で行います。

 2.テーマは「語りの分析」についてです。ファシリテーターが進行します。

 ご自由にご参加ください。

【このページのトップへ戻る】


 

理事会・総会

理事会 9月28日 21:00– 黙想館にて行います。

総 会 9月29日 8:30– 9:15、学会場(新館ホール)にて行います。

 【このページのトップへ戻る】


 

一般演題(口演)座長・発表者の方へ

発表者および座長へのお願い.pdf

 1.発表時間の30分前までに受付を済ませてください。

 2.座長は、発表時間5分前に「次座長席」に着席してください。

 3.発表者は、発表の10分前までに「次演者席」に着席してください。

 4.発表時間は10分、討論5分です。発表時間を厳守してください。

 5.発表は、全てPCで行います。スライド及びOHPは使用できません。

 6.発表データの受付について

 ・発表データはフラッシュメモリ等のメディアに記録して受付までお持ちく

ださい。PC本体をお持ちいただく必要はありません。

   ・データをインストールした後、試写・確認を必ず行ってください。

 7.交見室は設けておりません。

  【このページのトップへ戻る】


  会場でのお願い

 1.講演及び発表の録音、録画、カメラの使用は禁止致します。ご了承ください。

 2.会場内は飲食可ですが、ゴミは所定の場所に捨ててください。

【このページのトップへ戻る】


  お食事

9月28日(金)昼食 清泉寮レストラン  事前申し込みが必要です。

9月28日(金)夕食は宿泊費に含まれます。宿泊予定のない方は3,675円です。

事前に第11回事務局idenkango@yamanashi.ac.jp にお申込みください。

昼食・夕食(清泉寮にお泊りでない方)の申し込みは 9月23日締切です。早め
の注文をお願いいたします。

【このページのトップへ戻る】


   会場案内図

 清泉寮新館の駐車場は数が限られております。

 学会参加の方々はできる限りP1・P2という本館の前にある広い駐車場の方に

 おとめくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 会場案内図.pdf

 清泉寮駐車場.pdf

【このページのトップへ戻る】

  


    無料送迎車の増便(2日目)

学会2日目、清泉寮から清里駅までの送迎車を増やしました。

13:40清泉寮発の予定です。以下の列車に合わせています。

    清里14:01発  小淵沢14:23着

    東京方面:  小淵沢14:36発 新宿16:36着(あずさ20号)

    名古屋方面: 小淵沢15:00発 塩尻15:36着(あずさ17号)

                ⇒塩尻16:03発 名古屋18:06着(しなの18号)

【このページのトップへ戻る】