日本遺伝看護学会は遺伝看護サービスのありかたとその質的向上について考えています

日本遺伝看護学会 第19回学術大会

開催日時:2020年9月19日(土)-9月20日(日)
場所
:佐賀大学医学部臨床大講堂,小講堂 
大会テーマ:「まざる、つなぐ、つくる遺伝看護 -ひとりと家族と社会へ-」
大会長:鈴木智惠子
    佐賀大学医学部看護学科生涯発達看護学講座
事務局:佐賀大学医学部看護学科
    849-8501 佐賀県佐賀市鍋島5-1-1
    email: tsubomi☆cc.saga-u.ac.jp   ☆を@にして送信してください。


第19回学術大会のご案内

第19回学術大会長 鈴木智惠子

 このたび、令和2年9月19日(土)20日(日)の2日間、日本遺伝看護学会第19回学術大会を佐賀大学医学部臨床大講堂(佐賀市)で開催する運びとなりました。

 今回の大会テーマは、「まざる、つなぐ、つくる遺伝看護-ひとりと家族と社会へ-」とさせていただきました。これからの社会において、研究の場においても大切なことと考えております。

 ゲノム情報に基づく医療は急速に発展し、より効率的・効果的に病気の診断と治療などを行うがんゲノム医療も推進され、遺伝看護が看護の専門分野として『対象者の遺伝的課題を見極め、診断・予防・治療に伴う意思決定支援とQOL向上を目指した生涯にわたる療養生活支援を行い、世代を超えて必要な医療・ケアを受けることができる体制の構築とゲノム医療の発展に貢献する。』(日本看護協会より引用)とされています。平成29年には遺伝看護専門看護師5名が誕生しました。現在の医療現場の看護師においても遺伝的な課題に直面する人々への支援を求められるようになっています。遺伝性疾患をもつとは疾患とともに生きるとともに、遺伝学的検査で病気の発症のリスクを知る権利、あるいは知らないでいる権利を自己決定します。それに伴い、患者である個人と家族に様々な体験と影響をもたらし、遺伝性疾患のもつ特性から、患者が治療を行っても完治には至らず、生涯その病気と向き合わなければならない場合もあります。療養生活の過程の人々の健康や生活、そして人生の様々な意思決定の場面で大きく関わることになります。そこで、本学術大会では、このような課題に直面している個人や家族の"生きる"を支える遺伝看護について、参加者とともに討議し、探求していく機会にしたいと思います。プログラムは、厚生労働省が進める「がんゲノム医療」に関する特別講演の他、遺伝の基礎とエピジェネティクスについて、遺伝医療の現場で活かすファシリテーションを学ぶ教育講演と当事者と家族、支援者による市民公開講座を企画しました。

皆様のお越しをお待ちしております。


プログラム 

9月19日(土)

9:30      受付開始
10:00-10:20  開会の辞 大会長挨拶,理事長挨拶

10:25-11:55   市民公開講座「 がんゲノム医療? 」
 講師:末岡榮三郎 先生(佐賀大学医学部教授 医学部長)

11:55-12:55 ランチョンセミナー「    現在調整中    」

13:00-15:00  一般演題 口演1群(4)/一般演題 口演2群(4)

15:05-16:35 教育講演「遺伝の基礎とエピジェネティクスの基礎」
 講師:副島英伸先生(佐賀大学医学部 医学科 分子生命科学講座) 

15:05-17:05 教育委員会プログラムセミナー「看護教育に遺伝教育を導入しよう!」

16:35-17:35 一般演題 ポスター1群<フリーディスカッション>

9月20日(日)

8:30 受付開始

9:00-9:40  総会

9:45-10:30 一般演題 口演3群(3)

10:35-12:05 市民公開講座「 ファシリテーションと地域連携(仮)」
  講師:加留部 貴行先生(九州大学大学院統合新領域学府客員准教授,加留部貴行事務所 AN-BAI)

12:10-13:10   昼食・休憩

13:15-16:30 ワークショップ「地域とまざる・つなぐ・つくる(仮)」
       1家族会  2支援者

16:30    閉会の辞 大会長挨拶


一般演題申込に関するご案内

1.一般演題募集
一般演題については、本学会の大会テーマに関するテーマ、遺伝看護に関するテーマを募集いたします。

2.演題申し込み資格
演題の筆頭者は、日本遺伝看護学会会員である必要があります。非会員の方は2020年6月1日までに入会手続きをお願い致します。
入会手続きの詳細はこちら

3.発表形式
 一般演題の発表形式は、「口演」のみとなります。
*発表時間は15分(発表10分、質疑応答5分)です。
*演題の採択は、6月下旬から7月上旬にお知らせいたします。

4.演題申込方法
1)「演題申込書(WordPDF)」「抄録作成要領(WordPDF)」「倫理チェックシート(WordPDF)」を大会事務局宛にメールでお送りください。
2)「演題申込書」を受け取りましたら、大会事務局よりメールにて返信いたします。
送信後1週間経過しても返信が届かない場合は大会事務局までご連絡ください。

5.抄録の作成について
抄録は、抄録作成要領(WordPDFおよび「倫理チェックシート(WordPDF)」をご確認の上、作成してください。

6.演題申し込み期間
 2020年4月6日(月)から6月1日(月)


学術大会への参加に関するご案内

1.事前参加申し込みの方法
1)Goole Formに入力するか、もしくは事前参加申込書をメールやFAXでお送りください。

  • Google Formからの申し込み (QRコードかURLからお申込みください)

QRコード

JSGN19.png

URL https://docs.google.com/forms/d/19q7AmVprKSxn-bPqdk3OPs50R5sXeNh3uEfs6VHTbws/edit

  • メールやFAXからの申し込み

 事前参加申込書(WordPDF)をFaxまたはe-mail でお送りください。

Fax:0952-34-2023
email: jsgn19☆ml.cc.saga-u.ac.jp  ☆を@にして送信してください。

2)所定の金額を下記口座にお振込みください.振込手数料は,各自のご負担とさせて頂きます.

振込先:佐賀銀行 佐賀医大前支店
口    座:普通  592(店番号) 
口座記号番号:3063669
口座名称:日本遺伝看護学会第19回学術大会
      (ニホンイデンカンゴガッカイダイジュウキュウカイ)

2.参加費

事前申込は2020年4月1日から8月10日までです。

事前申込会員:5,000円  非会員:6,000円  
当日参加会員:6,000円  非会員:7,000円  大学院生:2,000円 
医療系学部学生:無料(抄録無し)

*参加費の会員区分は2020年8月1日までに日本遺伝看護学会事務局に入会申請し、会費を納入された方に限ります。
*非会員の参加費には抄録代を含みます。
*大学院生・医療系学部学生での参加の場合は学生証の提示をお願いします。
*大学院生・医療系学部学生については抄録はありません。必要であれば、当日受付で購入が可能です(抄録代2000円)。
*当日のお支払いは現金のみとなります。ご注意ください。

3.懇親会

 9月19日(土)18:30-20:30 ガーデンテラス佐賀 ホテル&マリトピアにて、開催致します。参加費は5500円です.先着60名とさせて頂きます。
参加ご希望の方は,大会参加費と一緒に懇親会参加費をお振込みください.

場所:ガーデンテラス佐賀 ホテル&マリトピア
〒840-0850 佐賀県佐賀市新栄東3丁目7-8
TEL 0952-23-0111 

4.抄録集の発送について

会員以外:8月10日までに事前参加申し込みをされ、参加費をお支払いされた方に、抄録集を事前にお送りします。
会員:抄録集を大会前にお送りします。当日ご持参ください。

.会場までの交通

会 場:佐賀大学医学部 臨床大講堂・小講堂(佐賀市鍋島5-1-1)
アクセスはこちら
*公共交通機関をご利用ください。
■佐賀空港からタクシーで約35分,バスは佐賀駅で乗り換え約60分 
■JR佐賀駅(佐賀駅バスセンター)からバスで約25分
「2番のりば」から市営バス
 【50番】神野公園・佐賀大学病院線
 【51番】卸センター・佐賀大学病院線で「佐賀大学病院」下車
■JR佐賀駅からタクシーで約15分
■高速道路 佐賀大和インターから約15分

6.宿泊について

佐賀でのご宿泊をご検討の方は大会ホームページから佐賀市宿泊施設一覧でご確認頂けます。
4連休で大変な混雑が見込まれます。
お早目のご予約をご検討ください。
*詳細は随時UPしていきます。


本大会に関するお問い合わせ先

849-8501 佐賀県佐賀市鍋島5-1-1

佐賀大学医学部看護学科
第19回日本遺伝看護学会学術大会事務局
Email:tsubomi☆cc.saga-u.ac.jp ☆を@にして送信してください。