日本遺伝看護学会は遺伝看護サービスのありかたとその質的向上について考えています

第3回 遺伝看護<家族ケアと倫理>セミナー

第3回 遺伝看護<家族ケアと倫理>セミナー

遺伝看護〈家族ケアと倫理〉セミナーポスター

主 催  日本遺伝カウンセリング学会・日本遺伝看護学会共同開催

後 援  全国遺伝子医療部門連絡会議・一般社団法人 日本人類遺伝学会

     一般社団法人 日本がん看護学会・日本難病看護学会・公益社団法人 日本看護協会

日 時  2016年2月13日,14日(土,日)

会 場  東京医科歯科大学(東京都文京区湯島1-5-45) 附属病院5階 症例検討室 

対 象  家族ケアや倫理調整の役割を担う臨床看護師,看護基礎教育・大学院教育に携わる方,

     遺伝医療に関心がある方

募集人員  60名

参加費用  20,000円

申込方法  Web申込 http://jsgc-form.info/ikc2015/(随時受付中 定員に至り次第募集終了)

事前学習用テキスト  遺伝医学 やさしい系統講義18講 (メディカル・サイエンス・インターナショナル,2013)

セミナーの目的

様々な疾患の遺伝的要素が明らかになり、臨床において遺伝医学情報と対応に関する知識が必要とされています。また診断や治療過程では遺伝学的検査が行われ、患者と家族が適切に理解できるよう多面的な配慮と倫理調整が必要となっています。

以上から本セミナーは医療現場において遺伝医学技術が適切に運用されるために、看護職への遺伝学的知識と家族ケアと倫理について普及していくことを目的としています。

第3回は、これまでの<出生前診断をめぐるケア>と異なり、周産期だけでなく、多様な領域の方々にご参加いただけるテーマにいたしました。

また臨床従事の方のみならず、教育従事の方・認定遺伝カウンセラーの方々にもご参加いただけるプログラムとして準備しております。

皆様の参加をお待ちしています。

遺伝看護セミナー実行委員一同

事務局 遺伝看護セミナー実行委員会(E-mail: idenkango@yamanashi.ac.jp

    FAX 055-273-8457