日本遺伝看護学会は遺伝看護サービスのありかたとその質的向上について考えています

第2回 遺伝看護<出生前診断をめぐるケア>セミナー

第2回 遺伝看護<出生前診断をめぐるケア>セミナー

第2回遺伝看護〈出生前診断をめぐるケア〉セミナーのお知らせ.pdf

主 催  日本遺伝カウンセリング学会・日本遺伝看護学会共同開催

実行委員長  中込さと子(山梨大学大学院医学工学総合研究部成育看護学講座)

期 日 平成26年11月8日(土曜)・平成26年11月9日(日曜)

会 場 東京医科歯科大学 3号館2F講義室1  所在地 113-8510 東京都文京区湯島1-5-45

対 象 妊婦ケアに取り組んでいる助産師・看護師・保健師・認定遺伝カウンセラー等の医療職の皆様の参加をお待ちしています(母性看護専門看護師、不妊看護認定看護師、助産外来助産師、分娩を扱う開業助産師、産科婦人科外来助産師・看護師、遺伝外来担当者、認定遺伝カウンセラーなど。)

募集人員  60名

受付期間  平成26年8月11日の予定(定員60名となり次第終了となります。)

参加費用  25,000円(テキスト、両日の昼食、初日の夕方の軽食を含む)

申込方法  http://jsgc-form.info/ikc2014/

  Web申し込みの後、返信にて申し込みの確認のメイルが送られます。返信がない場合は返信アドレスをまずご確認ください。

セミナーの内容 

第1日

10:30‐11:15

妊婦ケアと出生前診断

遺伝医療の動向、妊婦健診とケアを通した助産師の役割

11:20‐13:45

先天異常の理解

染色体異常、単一遺伝子疾患、奇形症候群

13:55‐15:50

胎児の成長等を踏まえた妊娠管理

環境、感染症、薬剤に関する妊婦の不安への対応

15:55‐18:20

出生前診断

超音波検査、侵襲的・非侵襲的検査

18:30‐19:30

事例に関する

    グループ討議

       

第2日

8:50‐12:20

妊婦健診・ケアの実際

ヒストリー聴取、危機反応、サポート

13:10‐16:00

演習・主にロールプレイ

      

※ 当セミナーの受講で,認定遺伝カウンセラーの資格更新単位として5単位が取得できます

お問い合わせ  第2回遺伝看護セミナー事務局 Tel/Fax 055-273-8457

山梨大学大学院医学工学総合研究部成育看護学講座(担当 中込)

idenkango@yamanashi.ac.jp

(2014/8/24更新)