日本遺伝看護学会は遺伝看護サービスのありかたとその質的向上について考えています

第1回遺伝看護〈出生前診断をめぐるケア〉セミナー【2013/11/30・12/1】

第1回 遺伝看護<出生前診断をめぐるケア>セミナー

第1回遺伝看護<出生前診断をめぐるケア>セミナー申込終了のお知らせ

本日(11月5日)をもちまして,遺伝看護<出生前診断をめぐるケア>セミナーの申込はキャンセル待ちを含めて終了させていただきます

多くの方からのお申し込みいただき,ありがとうございました。

第1回遺伝看護セミナー実行委員会一同

******************************************

このたび、日本遺伝カウンセリング学会と、日本遺伝看護学会との共同開催として、看護職者を対象にした第1回遺伝看護<出生前診断をめぐるケア>セミナーを企画いたしました。

本セミナーは、「遺伝カウンセリング」実施者の認定を行うものではなく、助産師が産科医療において遺伝医療技術が適切に運用されるケア体制の整備に貢献するために作られたプログラムです。ここでは出生前診断に関連する諸項目を取り上げ、臨床適用できるアドバンスの内容を組み込んでいます。

会員の皆様はもちろん、同じ施設で出生前診断をめぐるケアに関心をお持ちの助産師・看護師の皆様にぜひお声をかけていただきますようよろしくお願い申し上げます。

当初配信したファイルで,「不妊症看護認定看護師」が「不妊看護認定看護師」となっておりました。関係の皆様に謹んでお詫び申し上げます。また日本人類遺伝学会様よりご講演いただき、加筆いたしました。併せてご報告申し上げます【2013年10月3日追記】。

日本遺伝看護学会 

理事長 中込さと子

遺伝看護実践推進委員会 委員長 小笹由香

セミナー詳細はこちら

遺伝看護セミナー案内チラシ.pdf