日本遺伝看護学会は遺伝看護サービスのありかたとその質的向上について考えています

01.本学会主催・後援

第4回 遺伝看護<家族ケアと倫理>セミナー

第4回遺伝看護セミナーポスター

主 催  日本遺伝カウンセリング学会・日本遺伝看護学会共同開催 遺伝看護セミナー実行委員会

後 援  日本人類遺伝学会・全国遺伝子医療部門連絡会議・日本看護協会

日 時  2016年12月17日,18日(土,日)

会 場  東京工業大学 キャンパスイノベーションセンター

     〒108-0023 東京都港区芝浦3‐3‐6

対 象  家族ケアや倫理調整の役割を担う臨床看護師、看護基礎教育・大学院教育に携わる方

    遺伝医療に関心がある皆様;認定遺伝カウンセラー、心理職、ソーシャルワーカー、医師等

募集人員  60名

参加費用  20,000円

申込方法  Web申込 http://jsgc-form.info/ikc2016/ 

      10月3日15:00より定員60名となり次第終了

内 容  遺伝医学的知識、遺伝性疾患をもつ人と家族へのケア、コーディネーション、倫理調整に関する内容を盛り込んでいます。1日目に集中的に遺伝医学を学びます。2日目は事例を通して、遺伝性疾患をめぐる個人、家族の課題と対応について学びます。なお、本プログラムは、「遺伝カウンセリング」実施者の認定を行うものではありません。

プログラム

第1日:家族ケアと倫理 /遺伝医学の基礎知識/ライフサイクル、発達課題、人生の時期/家族内のダイナミクス・レジリエンス

第2日:家系図に基づく家族の健康上のリスク判別/家族の心理社会的課題/家族に対する医療上の倫理的配慮  

遺伝看護セミナー実行委員一同

事務局 遺伝看護セミナー実行委員会(E-mail: idenkango@yamanashi.ac.jp

    FAX 055-273-8457

随時更新します