日本遺伝看護学会は遺伝看護サービスのありかたとその質的向上について考えています

01.委員会

平成28年度活動計画<平成28年4月1日‐平成29年3月31日>

委員会名簿.pdf


遺伝看護専門職検討委員会

趣旨

「遺伝看護」専門看護師の領域として人材育成に向けた教育課程および修了後のキャリアアップについて検討する。
・ 遺伝看護専門看護師の分野認定(日本看護協会)への準備にむけた修了生の企画する学習会等を支援する(2月に他学会の方からの申請に関するヒヤリング会を予定)。
・ 遺伝看護専門看護師教育課程を検討している教育機関への情報提供等の支援を行う。

 2017/2/26更新 遺伝/ゲノム医療に関わる看護職に期待されること

国際交流委員会

趣旨

遺伝看護の国際的な動向を把握し、諸外国の遺伝看護実践者との交流など実施する。
・ 海外の遺伝看護に関する情報収集と会員への広報。
・ ISONGとの連携(学会の活動報告等)についての中期的計画を検討する。
・ 英国の遺伝医療および遺伝看護師の活動についての情報収集し、会員等への広報の手段を検討する。
・ 国際人類遺伝学会((International Congress of Human Genetics, ICHG)の会員への紹介。

 2016/9/5更新2016ISONG World Congress (国際遺伝看護学会)中込さと子理事長報告.pdf

広報委員会

趣旨

インターネット(ホームページ、メーリングリスト)を活用して、会員への情報提供・交流に努めると共に社会への遺伝看護および学会のPR活動に努める。

・ホームページの内容充実を図る。
・ ニュースレターやメーリングリスト等を活用して、会員への情報提供、交流の促進を図る。

教育委員会

趣旨

看護基礎教育における遺伝看護教育の充実を図るための活動を行う。
・ 遺伝看護教育の充実化のための共通シラバスの作成に向けた具体的な取り組みを行う。
・ 看護実践における遺伝看護の重要性の認識を高め、基礎看護教育に遺伝看護の取り込みを促進するために看護教員を対象として、人類遺伝学の基礎を含む遺伝看護の役割(一般看護レベル)に関するセミナーを検討する。
・ 「家族ケアと倫理」に関するセミナー(対象に看護教員を含む)を遺伝看護実践推進委員会とともに開催する。

遺伝看護実践推進委員会

趣旨

臨床における遺伝看護の普及、遺伝看護実践能力の向上を図る。
看護職に向けた遺伝看護セミナーを企画、運営
・遺伝看護セミナー
家族ケアと倫理 (日本遺伝カウンセリング学会との共同開催)
・ 他研究会・学会などの学習会・セミナーを後援する.
日本難病看護学会 など
・ その他
各領域における遺伝看護セミナー企画協力
がん、循環器、小児など

学会誌編集委員会

趣旨

日本遺伝看護学会学会誌の編集、刊行することにより遺伝看護の実践・研究の向上を図る。
・第15巻1号 ならびに 2号を発刊する。