日本遺伝看護学会は遺伝看護サービスのありかたとその質的向上について考えています

看護の役割

看護の役割


  • 心身の安寧を目指し、症状のコントロールなどの直接的なケアを提供します。
  • 遺伝にかかわる専門的な医療の活用に関して、意思決定のプロセスを支えていきます。
  • 家族の個々の意思を尊重しながら、遺伝情報を共有することについて支援します。
  • 安定した社会生活が送れるように、社会資源の活用について支援します。

このような質問を受けたことはありませんか?


  • がんって遺伝するのかしら?
  • おなかの赤ちゃんのことが不安なので検査を受けようと思う。
  • どうして何度も流産するの?
  • 遺伝子検査は何がわかるのか?
  • 親の病気が遺伝すると聞いて誰にも相談できない。
  • 遺伝子検査をすることになったが、この検査をしたらそうなるのか?
  • 体質改善できないからDNA検査で体質チェックを受けようと思うが同だろうか?

                        arrow-down.gif
このような質問や戸惑いに対応するために、遺伝医療について理解する必要があります。

 

遺伝医学の進歩によりあなたが働く医療現場は急進しています


  • 健康増進と遺伝医療
    体質チェックなど
  • 予防・セルフケアと遺伝医療
    喫煙と肺がん、飲酒と食堂・咽頭癌
    高血圧症、骨粗鬆症、動脈硬化、虚血性心疾患、アルツハイマー症、などリスク判定など
  • 治療・療養と遺伝医療
    HIV治療、大腸がんや乳がんの手術の検討など
  • 加齢と遺伝医療
    老化度チェックなど
  • 出産と遺伝医療
    出生前診断など
  • 意思決定と遺伝医療
    遺伝カウンセリングなど
  • 倫理的課題と遺伝医療
    クローン、ES細胞、遺伝学的研究など

患者1人1人の特性を生かす医療へ

 

看護職への期待


  • あらゆる領域、あらゆる人々が看護師に遺伝学の知識に基づいた説明・アドバイスを求めるようになるでしょう。
  • 看護師は、遺伝学の進歩した背景をよく理解し、遺伝医療が人々の幸福に寄与できるよう活用しなければならないでしょう。
  • 看護師は相談者の1人1人の決定を支えるための倫理的感受性を養う必要があるでしょう。